モンゴルの料理を食べる

【モンゴルの食べ物】羊肉と塩をふんだんにつかった伝統食

なかなか日本では知られていないモンゴル。

よく

わからない受講生
モンゴルの食べ物ってどんなん?

と聞かれます。

実は、モンゴルの伝統的な食事は羊肉をメインにしたものがほとんどです。

ぜひ、モンゴルに旅行に行くことがあれば、モンゴルの風土・長い歴史の中で育まれてきた伝統的な食べ物を楽しんで欲しいですね。

笑顏の藤ミヤチ藤ミヤチ
どれも美味しいよ!

モンゴルの伝統的な食べ物で多いのは、羊肉を塩で味付けした料理

そもそもモンゴルは、広大な草原を家畜と一緒に暮らす生活を長く送ってきました。

生活のかたわらにある家畜を食べるのが、当たり前の食事なんですよね。

実際に伝統的な食事では、家畜の中で一番多い羊の肉を使ったものがほとんどです。

また、モンゴルは岩塩で有名なこともあり、だいたい塩で味付けをします。

ボーズ

モンゴルの料理といえば、まず外せないのが「ボーズ」。

日本で言う寿司みたいな位置づけでしょうか。 

羊肉をミンチにし、任意で玉ねぎのみじん切りを入れて塩で味付けしたあと、小麦粉の皮でくるんで蒸した餃子です。

一口噛むと肉汁が溢れ出て、肉の旨味を堪能できる料理ですね。

モンゴル人であれば、きれいにボーズがつつめて当たり前、という考え方もあります。

実際、留学中にボーズ作りにトライしたときは、モンゴル人に「ボーズくらいきれいに包んでね」と言われたことがあります。

ホーショール

ボーズに続いて有名なのがホーショールです。

羊肉のミンチを皮で包むところまではボーズと同じなのですが、包んだものを揚げるとホーショールと呼ばれます。

こちらもボーズと違った形で肉の旨味を堪能できる料理です。

モンゴルで年に1回、盛大に行われる全国国技大会では、ホーショールを振る舞う屋台がずらっと通りを埋め尽くすこともあります。

ツォイワン

次にご紹介するのは、ツォイワンという料理。

モンゴル版の焼きそばといえば、イメージしやすいでしょうか。

小麦粉で作った面と羊肉、お好みの野菜を羊肉の脂と一緒にいためて、塩で味付けした料理です。

現代ではケチャップをつけて食べる人も多いですね。

個人的には、一番好きなモンゴル料理です。

ゴリルテイ・シル

モンゴルでは汁料理も多く、その中で一番有名なのが「ゴリルテイ・シル」です。

羊肉や野菜を塩と一緒に煮込んで味付けしたスープに、小麦粉で作った麺を入れています。

冬になるとモンゴルでは-40度を下回ることもありますので、寒い時期に重宝する料理と言えるでしょう。

スーテーツァイ

モンゴルでは羊肉のほか、羊・山羊・牛から取れる乳を使った料理も多いです。

その中で一番身近なものが、スーテーツァイ。

料理というと少し語弊があるかもしれませんが、日本でいうお茶くらいの感じで、すごく身近にある飲み物です。

紅茶に乳を入れ、乳から絞り出した脂分や塩などをお好みでいれています。

ちょっと癖があるので、人によっては苦手な人もいるかも知れませんが、私はかなり好きですね。

モンゴルでは、野菜を食べない人がいる

ここまでご紹介した料理をみていて気付いた方もいるかもしれませんが、本当にモンゴルの伝統料理は「肉」「塩」「小麦粉」「乳」を使うことがほとんどで、それ以外の食材はあまり使いません。

使うとしてもお好みで、というくらい。

じつは、食材がかたよっているのは、モンゴルの風土によるところが大きいんです。

モンゴルは痩せた土地が多い

モンゴルの砂漠

モンゴルは遊牧民族として知られていますが、そもそも家畜と場所を転々としながら暮らすのは、土地が痩せているからに他なりません。

一箇所にとどまって生活すると、あっという間に家畜がその土地の草を食べ尽くしてしまい、土地が死んでしまうので移動するんですね。

こういった「痩せた土地である」という事情を背景に、近代にいたるまで土地を掘り返す事自体がタブー視されていた向きもあります。

土地が痩せ過ぎていて、畑作を目的として土地を掘り起こすなんて、土地を死なせてしまう行為だと見られていました。

野菜を作ってこなかったからこそ、野菜に馴染みがない人たちもいる

野菜

モンゴル独特の風土問題があり、長い歴史の中で野菜はほとんど作られて来ませんでした。

現代になって徐々に工夫しながら野菜を作るようにはなりましたが、年配の方だと野菜自体に馴染みがなく、そもそも野菜を食べない人がいます。

市場に行くと玉ねぎ・じゃがいもの根菜はかなり見かけますが、まだまだ葉物野菜は貴重ですね。

モンゴルの料理には、モンゴル独特の歴史が反映されている

ここまで伝統的なモンゴルの料理をご紹介しつつ、その背景事情についてまとめて来ました。

肉と小麦粉と塩と乳を食材とした料理がほとんどで、野菜はあまり使いません。

正直なところ、栄養バランスとしては良くないとも言えます。

そのせいか(余談なのですが)、モンゴル人は40歳あたりをすぎると一気に老け込む人が多いです。

街中で出会った老人に年齢を聞いたら、40歳前半だったということもありました。

モンゴル料理はどれも美味しいのですが、やや栄養バランスに気をつけながら楽しむのがいいかもしれませんね。