モンゴルの国旗

【モンゴル国旗】モンゴルの歴史・生活が込められた旗

モンゴルの国旗は赤と青をベースに、黄色で模様を書き込んだものです。

モンゴルの国旗

実は、この国旗には多くの意味が込められているんです。

モンゴルの生活に基づいたものになっているので、この記事ではその隠された意味を解説していきますね。

モンゴル国旗の赤と青は、大地と空を意味している

モンゴルにおいて、赤は大地の色青は空を意味します。

大地が「赤」というと、日本人にはピンとこないかもしれません。

もともとモンゴルの土地は、砂漠もしくは砂漠に近い場所が多く、草が生い茂っている場所が少ないんですよね。

現モンゴル国でいう北方のエリアは森林地帯となっているのですが、中央~南にかけては痩せた土地が続いています。

南部の大半がゴビ砂漠です。

日本語でも草の生えていない土地を「赤茶けた大地」ということがありますが、それをイメージしてもらえれば「赤」が「大地の色」だというのがわかるかもしれません。

モンゴル国旗の黄色い部分は、生活・歴史を意味している

ソヨンボ文字
ソヨンボ文字

モンゴル国旗の左側に書かれた黄色の記号は、もともと「ソヨンボ文字」です。

ソヨンボ文字というのは、1686年に僧侶ボグド・ザナバザル(ジェプツンタンパ1世)が作成したもので、モンゴル語のほかチベット語やサンスクリット語を表記するのにも使われました。

このソヨンボ文字のなかでも、あえて「ソヨンボ」と呼ばれるシンボルが国旗に書かれているものです。

ソヨンボ

各記号が何を意味しているかは諸説ありますが、上から3つは「火」「太陽」「月」を差しています。

どれも、モンゴルで暮らしていくのに欠かせないものですね。

両脇の縦棒は「防壁」ひいては「国土」を意味するという人もいます。

そのなかの三角形は「槍」「武器」を、横棒は「盾」を、中央の円形のものは「陰陽」を意味しています。

「国土」「武器」「陰陽」は、現代にいたるまでのモンゴルの歴史を象徴した要素とも言えます。

つまり「ソヨンボ」は、モンゴルの生活・歴史を象徴していると言っても過言ではないのではないでしょうか。

国旗に込められた「モンゴル」

モンゴルのゴビ砂漠

モンゴルの国旗は、赤と青の背景と、黄色のソヨンボから成り立っています。

それぞれ赤は「大地」を、青は「空」を、ソヨンボは「生活と歴史」を象徴しており、モンゴル国そのものを指し示すものと言えるでしょう。