モンゴルへ旅行にいくときのコツ!現地で暮らした私が安全に楽しく楽しむコツをご紹介

こんにちは。
モンゴルの大草原が第二の故郷である藤ミヤチです。

モンゴル国立大学で留学ながらモンゴルを味わい尽くし、大草原で生活する遊牧民家庭にホームステイした私が、

  • モンゴルに旅行に行くなら絶対これは知っててほしい
  • モンゴルで危険なことに遭遇せず満喫できるコツ

を中心にご紹介していきます。

モンゴルなんてどマイナーな場所に行くことにした、そこのあなた!
なかなかインターネットや本で情報は見つけにくいですよね。

でも、この記事を最後まで読めば、誰よりもモンゴルに詳しくなって、誰よりも楽しいモンゴル旅行ができますよ!

モンゴルに旅行にいくときのキホン知識~モンゴルってどんな国?~

まず、モンゴルはここにあります。

北をロシア、南を中国に挟まれていて、海のない内陸国です。

国土はめちゃくちゃ広くて(1,566,500km2)、日本の約4倍。
人口密度でいうと、モンゴルは2人/km2、日本は340.8人/km2だそうです。

規模が日本と違いすぎる……。

モンゴルと言えばよくイメージされる通り、国土のほとんどはだだっぴろい草原です。
遊牧民はこの草原を転々としながら生計をたてています。

でも、国内は草原ばかりじゃありません。
首都であるウランバートルのほか、各県の県庁所在地などにいくつかの街があります。

現在のところおおむね半分弱が伝統的な遊牧生活を続けていて、残り半分強が都市生活者、というところです。

かなり大雑把な言い方になりますし、どんどん都市へ移り住む人が増えているので、本来ならもっと都市生活者の割合が高いかもしれません。

地域としては北アジア圏に含まれていますが、実は北側にあるロシアの影響もかなり受けていて、街中はヨーロッパ風です。

日本で思われがちな「草原!遊牧民!」というイメージとすこし違うかもしれませんね。

ウランバートル市街地
created by Rinker
¥1,650 (2019/10/16 12:53:43時点 Amazon調べ-詳細)

モンゴルに旅行にいくときの服装は季節ごとによって全く違う

モンゴルはかなり寒暖差が激しく、季節に合わせた服装をしないと死にます。
冗談ではなく、冬は凍死者がでます。

そのため、旅行に行く前にしっかり対策をすることが必要なんです。

春(4月中旬~6月)

実は、モンゴルで一番気をつけなければいけないのは春かもしれません。
朝・晩と日中の寒暖差がかなり激しく、体調を崩しやすい時期です。

具体的には、朝は10度以下の気温でも、日中は20度まで気温があがります。

朝コートを着ていても、お昼になればコートなんて暑くて着ていられない状況。

そのため、外の気温に合わせて脱いだり着たりしやすい服装がおすすめです。

私はよく日本でいう秋用コートの下に、半袖を着ていたりしました。

夏(7月〜8月上旬)

モンゴルで一番草原が美しくなる季節です。
この季節は、都市部にいるか草原で過ごすかによって必要な服装がかなりちがいます

都市部では、日によっては日中30℃を超える日もあり、日本の真夏と同じような薄着でも大丈夫。

逆に熱中症に気をつけることも必要なので、あらかじめ日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりしてくださいね。

また、かなり乾燥しているため、こまめな水分補給も忘れずに。

一方草原では、夏といえど朝晩は涼しく上着が必要です。
そして北に行けば行くほど寒くなるため、夏でもしっかり防寒具が必要です。

ちなみに、真夏(7月下旬)にモンゴル北部の草原に行った時の服装はこれでした。

フブスグル湖にて

このくらい厚着してもちょっと寒いくらいです。

どこにいくか、で服装を選ぶようにしてくださいね。

秋(8月中旬~9月中旬)

モンゴルの秋はかなり短く、あっという間に過ぎていきます。
毎日ぐんぐん気温が下がって行くため、要注意です。

油断していると寒さで体調を崩すので、心持ちあったかいくらいの服装を心がけてください。

日本でいう冬のはじめくらい(初雪はまだ降っていないけど、そろそろ降りそう)なくらいの服装でいいと思います。

冬(9月~4月上旬)

モンゴルでの1年の大半は冬です。
私が留学していたとき、初雪は9月24日でした。

モンゴルの冬は寒く、首都ウランバートルなどの都市部でも-30℃くらいまで気温が下がります
外に出た瞬間に鼻の中まで凍り、シャワーの後に髪が生乾きだったらたちまち硬い針金のようになります。

草原は厳しく、モンゴル北部では-45℃くらいまで下がる場所も。

そのため、しっかり防寒対策が必要です。

モンゴル都市部の治安は悪いので、あらかじめ自衛しましょう

ウランバートル市街地

隠しても仕方がないのではっきり言います。
モンゴルの都市部(ウランバートル)の治安は悪いです。

私はバスで財布を盗まれたこともありますし、街を歩いていて石を投げつけられたこともあります。
ウランバートルのメインストリートを歩いていて、ストリートチルドレンにお金をせびられることもあります。

用心していないと、外国人だからといってかなり法外な料金を請求されることもあります。

そのため、きちんと自分の身を守るようにしましょう。

ただし、草原に行けば、都市部ほど治安の悪さは感じないかもしれません。

遊牧民にとって外部からくる人(旅行者)は、自分たちの生活圏にはない情報をもたらしてくれる重要な人なので、とても大事にしてもらえます。

実際、言葉がわからなくても現地の人はいろいろと話しかけてくれました。

草原をまたいで都市間を移動するシェアカーの中では「ニホン!スモウ!ハクホウ!グッド!」などと、満面の笑顔で話しかけてくれたときには、私も嬉しくなりました。
(私は相撲のことは全くわからないのですが……笑)

都市部と草原ではまったく違う環境なので、ぜひどちらも自分の身は自分で守りつつ楽しんでくださいね。

created by Rinker
Evershop
¥1,580 (2019/10/17 04:43:11時点 Amazon調べ-詳細)

モンゴルの首都ウランバートルでおすすめの観光スポット

モンゴルへの旅行といえば、まず首都ウランバートルを観光すると思います。
ガイドブックを見てどこに行こうか、と友だち同士で相談するのも楽しいですが、現地にいって「なんか想像とちがった……」となったら、残念ですよね。

そこで、観光地を何度も訪れた私が厳選するおすすめスポットをご紹介します。

ザイサンの丘(ザイサントルゴイ)

ウランバートルの南部にある有名な観光スポット。

とくに若者には人気です。
ウランバートルでデートをするならまずここでしょう。

ウランバートル市内が一望できるので、日中にいって街を眺めるのもいいですが、ぜひ日が落ちてから行ってみてください。
夜景を背景にして写真をとってみるのがオススメです。

ナラントール市場(ザハ)

ウランバートル市内にある市場(ザハ)の中で最大規模のものです。
ここで買えないものはないと思います。

ほとんどの店が露天で、ざっくりと服や小物・布・電化製品などのエリアごとに分かれています。
中にはモンゴルの伝統衣装デールを販売しているエリアもあり、ぜひ訪れて見て欲しいです。

モンゴルで無料のwifiはあまり期待できない

海外に旅行にいくとしたら、かならず気になるのが「ネットは使えるの?」ということですよね。

モンゴルでは都市部を離れると、基本的にネットは使えません。
そして都市部でもフリーのwifiが使える場所は限られています。

徐々にホテル・カフェ・レストランなどで無料のwifiが導入され始めていますが、数は少ないです。
むしろ、ウランバートル市内ならネットカフェがたくさんあるので、そちらに入った方がいいかもしれません。

ただし、料金の支払いなどにモンゴル語が必要になります。
そのためハードルは高め。

よって、旅行にいくときは、日本でポケットwifiを用意していくことをオススメします。

created by Rinker
GlocalMe
¥20,990 (2019/10/16 12:53:44時点 Amazon調べ-詳細)

モンゴルに旅行に行くなら、まず持っていくべきもの

モンゴルという国が想像できなさすぎて、いったい何を持っていくべきなのか迷うかもしれませんね。

私も実際、はじめてモンゴルに行くときは何を持って行ったらいいのかまったくわからず困りました。

そこで、パスポートや着替えなど必須のアイテムのほかに「これは持っていくと便利!」というものをご紹介します。

乾燥対策グッズ

モンゴルは海のない完全な内陸の国ということもあり、湿度かかなり低いです。
たいてい50%くらい。

日本で「乾燥に注意してください」とニュースで繰り返しいわれるレベルの乾燥度でも、モンゴルはいつも通りの湿度だったりします。

そのため、乾燥対策はぜったい必要!
肌や喉の保湿のためのグッズは、あらかじめ日本でしっかり準備していってくださいね。

created by Rinker
アルガンビューティー(Argan Beauty)
¥2,438 (2019/10/16 12:53:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アルファックス
¥609 (2019/10/16 20:54:39時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ(できればインスタントカメラ)

現地のモンゴル人と交流したいなら、カメラはあるといいです。

どうしてかというと、モンゴル人は写真が大好きです。
そして、撮ってもらいたがる人が多いです。

カメラを構えると、だいたいどの人も「めっちゃカメラ慣れしてない?」と驚くくらい自然なポーズをとってくれます。
私は写真を撮られるのがちょっと苦手なのですが、モンゴル人でそういう人にあまりあったことがありません。

そして、写真を撮ったものを見せてあげれば、言葉がわからなくても交流のきっかけにもなるので、ぜひカメラを持っていくことをオススメします。

created by Rinker
富士フイルム
¥8,375 (2019/10/16 20:54:40時点 Amazon調べ-詳細)

モンゴルの通貨は「トゥグルク」。両替するのにオススメなのはフラワーセンター

モンゴルの1,000トゥグルク紙幣

モンゴルで使われるお金は「トゥグルク」です。
日常会話などでは、よく省略されて「1,000トゥグ」とか言われます。

日本ではあまり両替ができないので、基本はモンゴル国内に入ってから両替します。
そのときは、日本円からそのままトゥグルクに交換できるので、安心してください。

両替するのに断然おすすめなのは、ウランバートル中心部にあるフラワーセンター(ツェツェグ・トゥブ)です。

モンゴルの空港の両替だとレートが悪くて損をしてしまうので、市内に出るまでに必要な最低限だけを両替してください。
そして、フラワーセンターで、旅行中に必要なお金を交換するのがおすすめです。

※2018年12月5日現在で、交換レートは1円=23トゥグルクです。
一般的な食堂できちんとご飯をたべると、だいたい4,000トゥグルクくらい。
日本円だと200円もしません。

ポイントを押さえてモンゴルを楽しもう!

モンゴルに旅行に行こうと思っても、情報が少なすぎて何を準備したらいいのか、何を楽しんだらいいのか全くわかりませんよね。
安全に楽しめるのかも心配になるかもしれません。

しかし、ポイントをきっちり抑えることで、安心して楽しめます
ぜひマイナーな国であるモンゴルにいくからこそ、まわりの誰も体験したことのない特別な楽しい旅を満喫してみてくださいね!